ご挨拶

Rebert E. Claar,CEO

代表取締役
ロバート・E・クレア

マーク・キャンベルと私は、医療分野の革新的なお客様に対して、収益性の高い日本市場へと迅速かつ確実に参入できる方法を提供するべく、2013年4月にヴォーパル・テクノロジーズを設立しました。

日本市場への参入は魅力的ですが、容易ではありません。これまでも多くの企業が薬事承認、保険適用、販売業者選定などに何年間も苦労されています。私たちはお客様のこのようなリスクを軽減し、適切な方法で確実に日本市場に参入できるようサポートいたします。

お客様の事業基盤を日本に導入するうえでのあらゆる段階において、透明性を保ちながら専門家としてお客様を支援し、お客様の日本における、いわば「バーチャル子会社」としての役割を果たします。これによりお客様は資本を節約でき、自らが市場において占める位置を最適なかたちで確保することができます。

ヴォーパル・テクノロジーズは、医療分野の革新的なお客様が日本市場へ円滑に参入できるよう、また日本の患者様や医療専門家の皆様が医療革新を享受することができるよう、お客様と一丸となって取り組むことに誇りと感謝を感じています。

sign


次へ

ご挨拶 会社概要 ビジョン・ミッション・バリュー リーダーシップ 採用情報