リーダーシップ

Robert E. Claar

Robert E. Claar
代表取締役

革新的医療分野において、新薬・医療機器・体外診断薬の導入遅延の解決策を創造することをサポートし、日本市場に参入するための最適な経路となるべく2013年にヴォーパル・テクノロジーズ株式会社を共同設立しました。
ヴォーパルは、透明性・信頼性・選択性を保ちながら、お客様がビジネスの主導権を維持しつつ日本市場へ参入できるよう、包括的なサービスを提供いたします。いわば「バーチャル子会社」として役割を果たし、臨床開発、薬事承認、保険適用、品質安全管理、物流、市場開発を熟知したエキスパートたちによるサービスを提供しています。
ヴォーパルを設立する前、ロブは、医療分野の市場調査や戦略構築にフォーカスしたコンサルティング会社、ジュニコン株式会社を設立しました。ジュニコンは、現在も引き続き米国やヨーロッパ諸国の会社と強く提携し、世界的に事業を展開しています。
ロブは、日本における医療革新のマネージメント、事業機会の評価、戦略構築、およびその実践において25年の経験があり、お客様が日本のヘルスケア市場に参入するために、革新的な解決策を構築することに情熱を持って日々取り組んでいます。


Karl Yin

Karl Yin
取締役

上海交通大学(Jiaotong University)で学士号、東中国師範大学(East China Normal University)で修士号を取得し、SiemensやSmith & Nephewなど大手企業でキャリアを積んだ後、2004年にShanghai MedTech Enterprise Management Consulting Co., Ltdを設立。10年でMedBridgeグループと成長させ、現在6つの子会社をかかえ、戦略的方向性の設定、企業リソースの統合、ステークホルダーとの協力など、大きな実績を成し遂げています。


Mark T. Campbell

Mark T. Campbell
取締役

移転価格コンサルティング、米国および国際税に関する医療分野において豊富なスキルを持ち、ベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティのプロフェッショナルです。「世界の主要な税務アドバイザー」と「世界の主要な移転価格アドバイザー」の一人としてInternational Tax Reviewに命名された実績を有し、国際税務に関する書籍や論文の執筆または共同執筆にも携わっていました。日本国内においては14年の事業経験を有します。


Yoav Keidar

Yoav Keidar
取締役

医療施設用レベルのモバイル心電図である唯一スマートフォンに接続可能な“スマートハート”など、革新的な技術を日本市場に導入しました。エルサレム・ヘブライ大学を卒業後、20年間日本に在住し、現在はEZインベスト証券株式会社の代表取締役を務めています。


前へ

次へ

ご挨拶 会社概要 ビジョン・ミッション・バリュー リーダーシップ 採用情報